PayPay(ペイペイ)の企業・会社・店舗用対応マニュアル みんなの知らないお店の裏側事情など

2019年10月1日より、消費税が10%になります。そこで政府は民間の方々に向けてPayPay等を使うと2%か5%分のポイント等を一定期間、国がキャッシュバックするという仕組みを作りました

シンプルに考えると消費税が10%になっても国が数%返してくれるんだから、実質負担は少なくなりますよね。(だったら最初から増税するな)今回そんなキャッシュレス決済の王者、PayPayの業者側の知識を消費者に役立つように絡めてまとめたいと思います。まだネットで話題になってない、イオン銀行(ATM)からの直接入金に関しても記載しました。

PayPay(ペイペイ)とは

ソフトバンクYahoo!JAPANが合同出資をし、立ち上げたのが株式会社PayPayです。そこからQRコード、またはバーコードで支払いを済ませるスマホ決済アプリ、PayPayが誕生しました。

アプリはプリペイドカードのようにあらかじめ電子マネーをチャージして、そこから支払いをするのが基本的な仕組みです。大事なところはチャージしたお金は当然ですが、返金できませんでした(2019年9月末時点)。それが2019年10月1日から一部出金(払い出し)できるようになりました。(参考:PayPay(ペイペイ) 出金(払い出し)が可能に。残高の名称変更・有効期限は無期限に)チャージには銀行・コンビニATM・クレジットカードを使うことができ、残高がなくても支払うときに瞬時にチャージさせる設定もあります。(クレジットカード払いとほぼ同一の仕様の直結型)

導入方法に関しては以下の記事等を参考にしてください。

個人用:PayPay(ペイペイ)とは?支払いの仕組みや使い方・利用可能店舗を解説

店舗用:PayPay(ペイペイ)を導入する方法をやさしく解説!導入費用と決済手数料無料の期間、店舗に導入するメリット・デメリット

【大事】返金に関して

お客様側も店舗側もしっかりと理解しておきたい返金処理とその仕様。PayPayはキャンペーンで使う金額が大きくなることもあります。その時の返金でトラブルにならないようにこの知識は押さえておきたいところです。

返金の概要

まず第一に、返金は基本的に瞬間的に決済されて返ってきます。そして原則、現金での返金は当日の決済分のみです。当日であれば返金額はクレジットカードや銀行などに戻ります。カード直結型の使用者は特に多いので、注意が必要です。

返金がないように取引の際は金額をしっかり確認しましょう

では当日に返金処理できなかった場合はどうなるのかというと、一週間返金に時間を要することになる場合があります。さらに、そのお金は現金にならず、電子マネーとして返金されます。クレジットカードや銀行にはお金は戻らなくなる点に注意が必要です。返金は3カ月分までで、それ以降は対応できなくなる点も留意点です。

しかし、現実問題そう簡単にはいきませんよね。実際、3か月を超えた場合も返金方法はありますのでご安心ください。それはお店側の現金で返金をすることです。上にあるのはシステム上のお話で、柔軟に対応ができればトラブルは解消できます。しかし、それが実行できる店舗とそうでない店舗があることは消費者の方々も覚えておくべきだと思います。

返金処理の際は現金で手渡しできるかどうか確認しておきましょう

また、トレーニングジムなどの回数制のシステムの前払いをPayPayで行った時の特殊ケースの事例も載せます。6回券をPayPayで払って3回利用したけれど、お店側から返金してもらいたい事案では、現金で差額分を返すことは認められています。臨機応変に対応できるお店だとこういったトラブルでも好感度の上昇に転換できるチャンスに変えられることもあるため出来る限り善処できるといいですよね。

お店用の返金処理のアレコレ(タップで開く)
お店側が絶対把握しておきたいこととして、ジャパンネット銀行でない限り、PayPayでは1万円以上売りあげないと締日とならず、結果入金は2~4日営業日かかってしまいます。(ジャパンネット銀行は翌日に銀行に入金)その入金のタイムラグも返金に関与しているために、当日対応してほしいということです。

現在、PayPayの個人利用の支払いの手数料は完全無料です。しかし、店舗は2021年9月30日以降は手数料がかかりますし、「ストアスキャン方式」では店舗の手数料は発生します。後日返金で手数料の損などの可能性もゼロではないので、まずお客様の決済時の画面の金額が間違ってないかをしっかりと確認しましょう

また、ダッシュボードで返金の確認できる取引数は1ページで5件までです。取引メニューからは1ページ20件まで確認できます。しかし、お客様の詳細な情報をこちらでは確認できないので、電話などで問い合わせされた場合などは必ず来店していただくように促しましょう。本人かどうかを確認する上でも大切ですし、アプリ内の支払い履歴の情報と照らし合わせて「時間と金額」を確認して返金をしましょう。

その他使い方に関する詳細はダッシュボード内にあるヘルプとマニュアルを参照してください。

詐欺に注意!PayPayでの禁止事項

実はPayPayは個人でもお店側の登録ができます。審査は厳しくなってきていますが、お金を集める手段として使えるのです。しかし、詐欺などを防止するための制約があります。ここではどういうことがご法度なのか、消費者は詐欺等の被害に合わないように、お店側はルールを破らないように明記します。

支払うと危ない例とOKな場合

PayPay側からの注意点として、ブログ等のHP上やLINE等でQRコードを送って集金することは極力NGとなっています。その代わり、ネット経由でもメールの個人宛でQRコードを送ることは許されています。これは新たなビジネスに流用でき、場合によっては店頭にこなくても支払ってもらえる可能性を示唆しています。

QRコードを悪用する人?

やってはいけないことに関して、ホームページ上で不特定多数から集金したり、無差別にLINE@等での募金行為他を防ぐ目的もあるでしょうが、主にはHP上でのQRコードのすり替え事件の防止を図っていると考えられます。上記のように個人でもPayPayの送金用QRコードを作成できるため、セキュリティの信頼できない場所においてはどうにでもできるためです。

対面でない入金では、実はホームページごとすり替えられていて犯人の口座に振り込まれたとなっては、店頭の責任ということでトラブルになります。ただ単にLINEでもハッキングされてQRコードをすり替えられても同じことが言えます。ご存知の方は多いですが、LINEは乗っ取り被害も多かったですからね。QRコードはパッと見区別できない点で悪用しやすさもあるのです。

アカウント別の金額使用上限

PayPayのアカウントには3種類の区分があります。「本人認証未設定」、「本人認証設定済み」、「青いバッジがついている」の3つです。それぞれ24時間の上限と過去30日の上限が異なるために、注意が必要です。

クレカ支払上限過去24時間過去30日間
本人認証未設定5,000円5,000円
本人認証設定済2万円5万円
青いバッジ+本人認証設定済25万円25万円
PayPay残高50万円200万円

 

 

上限の関係で、クレジットカード直結では高額商品が購入できなかったり、30日間の支払い上限に引っかかってポイントが一部もらえないといった問題に遭遇することがあります。ここで一番述べたいのは青いバッジに関してです。

青いバッジは公式では所定のルールなど特定条件を満たしたユーザーに対して与える、とのみ言っており内容はサポートや営業に聞いても非公開とのことでした。しかし、粘って粘って情報を引き出したところ、ネットに公開されている推測であれば話せると言っていました。それによると、最低条件はYahoo!マネー連携がトリガーとなっているようだ、とのことでした(2019年9月末)。これも2019年10月1日から仕様が変わりました。これからはYahoo!マネーから引き継ぎ機能となっているPayPayマネーの本人確認ができれば通りやすくなるのかもしれません。取引回数や入金回数などは口頭では語りませんでした。

全員が知っておかなければならないのは、ほとんどのユーザーが青バッジでないというところです。なので、1日2万円上限のユーザーが多く、家電製品などでPayPayを有効に使える人は少ないはずです。

これに対する抜け道は、銀行からPayPayに入金するか、セブン銀行から入金するか、可能性として低いですが電子マネーを利用すること等です。2019年内は難しいかもしれませんが、近々イオン銀行(ミニストップ他)でもひと月50万円まで入金できるようになると新情報も担当者から引き出せました。いろんなコンビニで入金できるようになれば、それは便利なことですよね!

※クレジットカード以外での入金上限は過去24時間では50万円、過去30日間では200万円です。(公式ページ

クレカの二重取りはもうできない?

ポイントの二重取り、三重取り(多重決済)が今までできたPayPayですが、実はそれはこの増税のせいで2019年9月に終焉を迎えます。PayPayをクレジットカードと連結させる最大の利点の1つは、クレジットカードのポイントと、PayPayのボーナスが同時にもらえる点にありました。

例えば、クレジットカード直結型でPayPayを使用して、1万円の商品を買ったときに、クレジットカードのポイント5%とPayPayのボーナス10%分が同時にもらえるような形でした。これがYahoo! JAPANカードを除き、2019年10月から無くなります。みんなヤフーカードにしろってか

多くの方が勘違いしたままですが、クレカのポイント特典の恩恵はもう受けられません

その代わりの還元キャンペーンを用意したと営業担当は言っていました。その内容は次の「お得な情報!(2019年10月5日まで)」に記しましたのでご確認ください。

わかりやすい参考記事:PayPayが10月から最大10%還元 国のキャッシュレス還元に5%上乗せ

お得な情報!(2019年9月30日時点)

・2019年10月5日限定限定で10万円まで還元される「感謝デー限定 PayPayチャンス」が開催。50回に1回の確率。全ユーザー・全店舗を対象。
・それと別に、2019年10月5日の1日限定で全ユーザー・全店舗を対象に最大20%のPayPayボーナスが還元される「PayPay感謝デー」を開催。支払上限は25,000円、還元上限は5,000円。
・10月4日〜10月22日までユニクロの店頭でPayPayを利用してヒートテックインナー2枚990円(税別)もしくはお子様用790円(税別)のヒートテックインナー2枚を購入すると、もう1枚が無料でもらえるキャンペーン。
・常時イベントとしては1カ月ごとの還元額の上限は3万円までの1回の会計で最大1000円相当が戻ってくる懸賞キャンペーン「PayPayチャンス」を開催中。20回に1回の確率。
・2019年10月5日までアプリを始めてから1週間以内に銀行口座の登録を完了すると、1000円相当のPayPayボーナスが付与される「PayPayはじめ特典」を開催。

※PayPayボーナスとはPayPayで使える電子マネーのことです。

その他のお得なキャンペーンは随時更新の以下参照
【最新】PayPay(ペイペイ)で注目のキャンペーン情報まとめ【随時更新】

その他豆知識・小ネタ

①QRコード決済はAlipay(アリペイと呼ぶ中国のアプリ)でも使え、決済手数料は現在2019年9月30日まで0円となっています。

②店舗に置く販促物は催促すればいくらでもくれる上、要望を出せば作成までしてくれる。

③お客様アプリのサポートは0120-990-634だが、企業用ダッシュボードのサポートは0120-990-640で異なる。

④非課税のものはPayPayで支払いしてはいけない。

⑤お客様の支払いの時の「ペイペイ!」の音は小さくできるが無音にはならない。QUICPayはWAONの鳴き声がして、オリガミペイはサカナクションの音がするらしい。

キャッシュレス・消費者還元事業

2019年10月1日から2019年6月30日までの9か月間、クレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなどの繰り返し利用できる決済手段に5%還元する取り組みが行われます。消費者の購買意欲が削がれないように、また海外からの旅行者が日本で簡単にキャッシュレス決済できるように(インバウンド需要)という2つの目的から経済産業省が事業者と消費者のためにと進めている施策です。

これだけ読むと、実はPayPay等でなくても従来通りクレカで還元を貰えることがわかります。(国から承認を得た対応店舗のみ)しかし、PayPayはその気軽さや使いやすさ、還元率の高さが優秀で、メディアの取り上げ方からも利用者を増やしたい意欲がうかがえます。すべては来年のオリンピックに間に合わせたいがためだと思われますが、保守的な日本人はなかなか新しいことを取り入れようとしません。そこをどう打開するかが今後の見ものですね。国策で頑張っても使える人がなかなか増えないってそりゃおかしいよジャパン。

まとめ

  • PayPayにチャージしたお金は返金できない(2019年10月時点)
  • 現金での返金は当日の決済分のみ、翌日以降は電子マネーで返金されてしまう
  • ホームページやLINEなどのPayPayのQRコードには要注意
  • イオン銀行でもセブン銀行同様にチャージできるようになる(リーク情報)
  • 上限突破の青いバッジが欲しければYahoo!マネーを連携させよ
  • クレカでのポイント二重取りはもうできない(Yahoo! JAPANカードを除く)

 

ヤフーカード以外のポイントの二重取りができるという情報はネットにありふれています。しかしこれが変更になることで多くの情報が古くなってしまいます・・・。これから登録する僕にも幸あれ。(クレカのポイント欲しい)

ここまで読んでくださりありがとうございました!

最新情報をチェックしよう!